チミモウリョウが徘徊する夜の阿佐谷一番街。その路地裏にたたずむスペイン居酒屋「ケクー」でおこる日々のあれこれ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【吞屋日記】8月9日(火)

Cpau-dqUMAEAtl__convert_20161212094016.jpg
悲しいときにだけきいていたビリー・ホリディ。幸せなときはなんとなく遠ざけていた。なんだか人生のにがみや悲哀が迫ってきそうで。けれども映画『キャロル』でケイト・ブランシェットにルーニー・マーラーがプレゼントしたレコードでビリー・ホリディの歌声を耳にしたとき、なんて心やすらぐ甘美な声なんだろう...と。映画のシーンともリンクしてそのしなやかでけだるい歌声に魅了された。『奇妙な果実』のイメージや彼女の壮絶な人生のイメージにだけ支配されていた愚かな自分。これからはなんどもなんどもきくだろう。悲哀を越えた優しさと強さに包まれるように。
グロリアとキャロル
ところで似てませんか?グロリア(1980)とキャロル(2015)
ジーナ・ローランズとケイト・ブランシェット、どちらも大好きな女優さんなので一人で興奮していたサチでした。笑
CpZlixYUIAACCw8_convert_20161212094405.jpg
こちらはケクーの一番人気「自家製イワシのマリネ」と「ガスパチョ」美味しくて美しい。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://momokuri389.blog32.fc2.com/tb.php/305-d27996c1
 
 
プロフィール
 
 

ケクママ

Author:ケクママ
http://www.qeque.com

 
 
ケクーTwitter
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
ケクーTwitter
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。