チミモウリョウが徘徊する夜の阿佐谷一番街。その路地裏にたたずむスペイン居酒屋「ケクー」でおこる日々のあれこれ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永島慎二「魅惑の原画展」

先生

わたしが阿佐ケ谷に住みついたのは永島慎二のマンガに出会ったからだったりする。
それからもう15年。 永島先生が他界されて4年がたった。

生前、先生と阿佐ケ谷のJAZZ BARでお会いしたとき緊張してかたまってしまったことがある。そしたらそこのママさんが「先生、この子ね、先生のマンガに憧れて漫画家になったんですよ。」 おいおい、何を言い出すんだHミさん!と心の中で叱咤しつつ、しどろもどろになってワタワタしてると、 「まぁ、まぁ、それはおかわいそうに。こんな因果な商売、わるいこと言わないから、おやめなさい(笑)」と写真のまさにコノ表情でゆっくりおっしゃられた。それから少しして直筆の絵はがきを送っていただいたことがある。

引越のたびに数々のマンガを処分したり、描くことより子育てや商売のほうが楽しくなってきたりと、変わり続けた15年だったが、先生のマンガはずっとずっと家宝だ。
そして、今の私があるのは「東京のお父さん」と私が慕ったYさん、K子さん、Hミさんのおかげだと今でもずっと思っている。その感謝の気持ちはなにが変わっても絶対かわらない。忘れない。

絵

というわけで、6月11日~6月24日までQEQUE BARのご近所である阿佐ケ谷一番街にあるギャラリー喫茶「対山館」で永島慎二「魅惑の原画展」を開催しているので、先日行ってきました。店主おすすめのボルドーを飲みながら、魅惑の原画の数々を鑑賞させてもらいました。

抽選で私家版『銀河鉄道の夜・コンテ一稿』(写真3)という、とんでもなくレアな本を5名にだけあたるのですが、なんと!わたくし当たってしまいました!
全国各地からかけつけて来てくれたという永島ファンに申しわけないおもいで「私でいいんですか?!」と大声をあげてしまったほど!

そのあとみんなで乾杯して、とてもよい一日をすごさせていただきました。
15年前、冗談まじりにマンガおやめなさいとイタズラっぽくおっしゃったけど先生の写真を見上げると「おやりなさいよ」といわれているようで、、、あの慈愛と優しさを含んだ目の奥にある鋭い洞察力をもった瞳に射ぬかれたかのような心境で家路についたのでした。。。。

本

肝心な原画展の感想ですが、個人的な感想をかきだすと感情過多になって大長文になってしまうので、またにします。一言いえるのは見逃したら絶対損!貴重な三上コレクションでしたよ。 マンガファンならずとも素晴らしい芸術家の作品群をぜひご覧いただきたし!

↓「永島慎二の作品展」阿佐ヶ谷にて2店同時開催
http://natalie.mu/comic/news/show/id/17501
↓「対山館」永島慎二・魅惑の原画展
http://www11.ocn.ne.jp/~taizan/gellery/09-exhibition/mikami-collection/mikami.html
スポンサーサイト

鉄火メンコ・カンテライブ

鉄火

先週QEQUEマスターが高田馬場のCLUB PHASEでカンテフラメンコのライブをやっちゃいました!
夜の阿佐ケ谷界隈、しかも酔い酔いでしかカンテを唄ったことのないマスター。
酒場じこみの我流フラメンコだし、ステージ上でマイクを通して唄うのははじめてだし、はてさてどうなる事かと思いきや、そんな不安を一掃するテンションで一気に駆けぬけたかんじで圧巻でした。写真も鉄火メンコならぬ鉄仮面になってるし!

鉄火メンコ

阿佐ケ谷からかけつけて来てくれた皆々様どうもありがとう!店を休んでまで来てくれたTatsuとKazグラシアス!誘っていただいたW兄弟に感謝!
この盛りあがりに味をしめて次回は阿佐ケ谷か高円寺のハコで第二弾を!とわたくしや常連のみんなの声もありますが、当の本人は燃え尽きた様子。しかも日がたつに連れてはずかしくなってきたと若干落ち気味。だけども「やってよかった!」との実感が沸々とわいてきているようです。。。

鉄火メンコ名義の活動はこれが最初で最後の舞台でした。どうもありがとうございました。またいつかどこかで、、、アディオス!

「鉄火メンコ」参上@高田馬場

090614thebrasil.jpg090614tekkamenco.jpg

東京で活躍するブラジル音楽愛好家たちの祭典に、なぜかカンテフラメンコ(唄&ギター)がオープニングに登場します。阿佐ヶ谷を拠点に活動する門脇晋君の唄は業界の核弾頭!当日はブラジルのお酒「カイピリーニャ」を御用意してお待ちしています。熱いぞ~!(by 若林雅人

阿佐ヶ谷を拠点に活動する門脇晋君とは何を隠そうケクーのマスターのこと(笑)
マスターと若林氏はこの日、正装してカンテフラメンコを演ります。
しかもマイクをとおすのはマスターにとって初めての体験!
おひまな方はぜひ観にきてくださいませ♪1番目なので17:30スタートです。

「THE☆BRAZIL祭」
日時:2009年6月14日(日)開場17:00 開演17:30
会場:高田馬場 CLUB PHASE
住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-8-5 セントラル・ワセダB1F
料金:前売り¥2,500+DRINK 当日¥3,000+DRINK
お問い合わせ:03-5911-2777


出演:
「鉄火メンコ」若林雅人(ギター)門脇 晋(カンテ)
「BLOCO DE COELHOROSA」
「CENTRAL」
「MOCIDADE NORTH GROUND」
「CORCOVADO」
「ザ☆ブラジル」
DJ担当:ランチ(G.R.E.S ALEGRIA)
 
 
プロフィール
 
 

ケクママ

Author:ケクママ
http://www.qeque.com

 
 
ケクーTwitter
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
ケクーTwitter
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。